成長痛って何?

普段ブログは書かないんですが、新型コロナウイルス感染症の外出自粛要請の為か、私の腕のせいか

最近暇なので、たまには人の為になる事をしようかと思い立ちキーボードを叩き始めました!

 

気が向いたらたまに書こうと思います。

気が向かない可能性も多々ありますが・・・

 

ということで、今日は成長痛について書いていきたいと思います。


成長痛あるある

病院や接骨院で「成長痛」と言われた。

「成長痛」と言われて、色々検索したけど原因がよくわからない!

 

そうなんです。どこを調べても原因不明とか心因性とか・・・。

これで納得できますか?

 

子供の足の痛みで原因が不明なものは、殆どの場合「成長痛」で片づけられます。こんな便利な病名ないですよね。

 

「成長痛ですね。痛みが止まるまで運動は休止してください。」

うちでは絶対に言いません。

 

必ず、患者様やご両親が納得できる説明をお約束します。

次の日から今までが何だったの?という位、全く痛みがなくなる事も日常茶飯事です。

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、どんな治療をするの?

うちでは、患者様に何故痛みが出るのかよく説明をした上で。

何もしません!

よく見えなかった方もいるかもしれないので、もう1度言います。

何もしません!

 

 

正確に言うと治療は何もしないんです。

他院で成長痛と言われて、うちに来た方はよく解ると思いますが、うちでは痛みのある場所を確認する為に触りますがそれだけです。

後は、歩き方を見て痛みが出る原因を本人と付き添いの方に説明し、足のサイズを計測して足に合った靴を買ってきて貰い、履き方を教えるだけです。

※歩き方に大きな問題がある場合はインソールを処方します。

 

次の日から運動も許可します。

運動をして痛みが出る場合には、運動を休止してもらう場合もありますが、今までがウソの様に痛みが出ない方が多いです。

 

成長痛で大事なのは、どの動きが原因で痛みが出るのかを見極める事と、足に合ったサイズの靴を正しく履く事です。

 

 

当院でする事は ①痛みの原因の特定 ②足のサイズ計測 ③履き方を教える これだけです。

痛みの出る原因はうちでお教えするので、お願いですから足にあったサイズの靴を正しく履いてください!

 

成長痛=「何で痛いのか知らないけど、安静にしてて」では良くなりません!

痛みが出る原因は必ずあります。

 

どうですか?ためになりましたか?

また、気が向いたら何か書くかもしれません。

あるいは書かないかもしれません。